スマホゲーム「凍京NECRO SUICIDE MISSION」は、荒廃した東京を舞台にしたターン制ストラテジーRPG

概要

2016年にサービス開始されたPCゲームのスマホ版ターン制ストラテジーRPG。

 

ニトロプラスとDMM GAMESがタッグを組んだ作品。

 

前作の死者再殺ADV「凍京NECRO」から3か月後、リビングデッドの追跡・対処を行う民間特別生死者追跡者、通称「リビングデッド・ストーカー」が活躍する世界が描かれている。

 

ニトロプラスが得意とするダークに描かれた世界とかわいい美少女キャラが特徴。

 

主人公は凍える大都市「凍京」をステージに、生ける死者「リビングデッド」を狩る。

 

ゲームの進行は、基本的に物語に沿ってクエストを消化していく形で進む。

 

敵を全滅させるなどの条件を達成することでクエスト完了となる。

 

バトルでの、異動、攻撃範囲という戦略的要素、「白猫プロジェクト」のような自由度の高いキャラ育成という本格的なSPRG作品に仕上がっている。

バトルは、画面左上に表示されているバーで各自移動することができ、ターンが回ってくると、移動、オートで行動、待機、攻撃といったコマンドの中から選択できる。

 

必殺攻撃や補助スキルには効果範囲があるので、通常攻撃と組み合わせて戦略を練ろう。

 

キャラクターごとの属性による優劣もある。

 

そのため、敵の編成によってメンバーを編成しなおすなどの工夫が必要となるシーンもある。

 

また、ターンが経過することで繰りさせるスキルも存在する。

 

仲間にバフしたり、敵全体にダメージを負わせるものなど、役に立つものが多い。

 

しかし、スキル使用後は、また貯める必要があるため、使うタイミングはよく吟味したい。

 

注目点は物語の独自性。凍った東京をステージに上野や新宿などのおなじみの街が廃れた状態で描かれている。

 

全編描き下ろしのシナリオにも期待。

キャラクター

基本的のはガチャでゲットする。

 

各キャラに攻撃力、属性などのステータス、装備可能な武器、編成費用などの項目が設けられている。

 

バトルをクリアする際にゲットできる報酬によって、親密度を上げることができ、MAXに達すると専用ストーリーが開放される。

 

キャラによって、メイン装備が決まっており、それによって攻撃範囲も異なる。

 

武器は、レベルアップも可能で、サブ武器を装着する事で強化も可能。

 

キャラクターの基本ステータスは、ツリー形式で「エクスブレイン」のスロットを中心から強化する方式の「白猫プロジェクト」を彷彿とさせる。

 

強化スロットは隣り合うスロットなら自由に選択な能なので、自分の方針に沿った育成が可能だ。

装備

各キャラはメイン武器1つ、サブ武器9つの合計10個装備可能。装備することで、ステータスが上昇する。

 

メイン武器と同じ種類の武器をサブに装備すると、ステータスが通常よりもアップできる。

育成

キャラ育成は「エクスブレイン」と呼ばれるボードから能力を選択して、必要素材を消費する事で習得可能。

 

画面センターの「アップグレード」に必要な素材を収集すると、各ステータスにボーナス値が付く。

部隊

メイン4名にサブ3名の合計7名で総コストを勘案して編成。

 

メインは最初からバトル参加するキャラクターで、メインキャラが倒れるとサブキャラクターが活躍する。

 

編成をオートで行うこともできます。

画像(003)「凍京NECRO<トウキョウ・ネクロ> SUICIDE MISSION」を先行プレイ。凍える大都市で展開する刺激的な物語と戦術性の高いバトルに注目

その他

メインのクエスト以外にも、協力プレイでボスを倒す機能もある。

 

バトルでの活躍によってクリア報酬が異なるので、積極的に参加して豪華な報酬をゲットしよう。

ニトロプラスらしい世界観とカスタム武器システムが魅力

凍京NECRO SUICIDE MISSION

ニトロプラスの作品は奥の深い世界観が魅力で、専門用語も多用される独特さた特徴。

 

本作品も、セリフに専門用語が使用されており、その全てに辞書機能が用意されている。

 

イラストを用いた説明も用意されるこだわりようで、その辞書だけでも読み応え十分だ。

 

前作を知らない初心者でも、問題なくプレイできる作りになっているので、ご安心を。

 

 

リビングデッドが暗躍する、暗黒な世界とは対照的に登場キャラクターは生き生きとしている。

 

そのキャラクターの日常も専用エピソードで楽しめる。

 

美少女イラストによる演出も魅力だ。

ゲームの流れ

凍京NECRO SUICIDE MISSION

新米リビンデッド・ストーカー「一巴」の初仕事。

 

相棒「らび」の指示で、リビングデッドを倒すのがミッション。

凍京NECRO SUICIDE MISSION

バトルは、敵、味方ともにマス目を移動する事で攻撃する方式。

 

攻撃範囲に注意が必要だ。

凍京NECRO SUICIDE MISSION

ストーリーは、「バトル」と「ADV」パートに分かれる。

 

キャラクターの多彩な動きは見応え十分。

凍京NECRO SUICIDE MISSION
仲間が増える事で戦略性がアップしていくので、スキルもうまく使いこなして戦おう。

 

武器には様々ある。キャラごとの特性を掴むのがポイントだ。

序盤攻略のコツ

凍京NECRO SUICIDE MISSION

序盤のキャラ育成は。全体ではなく特性を生かす方向に強化するのが良い。

 

戦い方次第だが、近距離武器のキャラは防御力を、遠距離武器のキャラは攻撃力という使い分けが良い。

 

素材が集まってきてから自分なりの育成方針でやっていこう。

 

物語をしっかり味わうには辞書機能が欠かせない。

 

ストーリーも楽しむのが本作をフルに楽しむコツだ。

課金要素

凍京NECRO SUICIDE MISSION

課金アイテム「Sマテリアル」(100個100DMMポイント)で回すプレミアムスカウト(1回Sマテリアル300個から)と、パートナーポイントで回すパートナースカウトがある。

 

ガチャはキャラと武器が区別なく排出される闇鍋方式。

 

通常のプレミアム排出確率はキャラの最高ランクが2%で、武器の最高ランクは4%。

 

10回スカウト(Sマテリアル300個)では、★4以上のキャラの排出が確定になっている。

オススメする理由

上野や東京などのおなじみの街が変わり果てた姿で登場する点。全編描き下ろしのシナリオの素晴らしさ。

 

PC版をプレイしていなくても楽しめる仕様になっていますから、ぜひ遊んでみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です