「ブラウンダスト」は、敵の行動予測が重要な独自バトルシステムが特徴の本格バトルゲーム。豊富な育成要素で自分好みのキャラクターを育成しよう!

「ブラウンダスト」は、NEOWIZが2018年3月7日に配信開始したスマホゲームです。

 

敵や味方の様々な情報を把握しつつ、ベストな位置や配置を考えながら戦う「ディレクティブ・ポジション・バトル」が特徴の采配バトルRPGです。

 

プレイヤーは、キャラクターをフィールド内に配置させ、行動順を入れ替えると操作のみが可能になっています。

 

その後のバトルは、プレイヤーの采配通りに自動で進行します。

 

操作自体は簡単ですが、バトルの様子をしっかり見定めながら進めていく必要がある、戦略が必要となるバトルが特徴になっています。

 

また、バトルだけでなく、キャラクターを「強化」「昇級」「覚醒」によって強く成長させたり、装備アイテム「ルーン」を自由にセットして個性的な能力を持つキャラクターに仕上げたり、レア度の低いキャラクターを最高のレアリティまで育成したり、プレイヤーの自由に楽しめる充実した育成要素が特徴です。

傭兵団を率いて父の死の真相を確かめるために闘うある若者のストーリー

カリアン帝国の絶対的な将軍で、誉れ高い貴族であったファビアンが突然反乱を起こしました。

 

一番国を愛し忠誠を尽くした男の意外過ぎる反乱に、帝国内がパニックに陥ります。

 

カリアンの皇帝、アルティア2世は、数万規模の帝国軍を送り、将軍率いる反乱軍を止めようとします。

 

帝国軍に対峙する反乱軍の勢力は、数的には圧倒的に不利であったが、ファビアンが率いる邪悪な6つの星、「六魔星」と呼ばれる者たちの活躍によって、戦力的に不利にもかかわらず、劣勢を跳ね返します。

 

反乱軍の長ファビアンはついにアルティア2世に勝利します。

 

人々は、アルティア2世の死を太陽の消失に例え、この事件を「日食」と呼ぶに至りました。

 

帝国軍の反撃によって、ファビアンは戦死し、反乱は寸でのところで鎮圧されましたが、帝国は大きなダメージを負います。

 

皇帝を失った帝国の支配力は衰えてしまい、変化が起きるまでは、そう時間がかかりませんでした。

 

辺境の部族たちが、帝国からの支配を脱するために協力し、指導者を選出する事で、アランという名の同盟国家として生まれ変わることになります。

 

北部の諸公国も、各々が固有の国家であることを主張し始め、自国の主権を守る為に、北部連邦スベルンという名前の連合国を作ります。

 

帝国の領土の一部は、帝国の統治に批判的な勢力によって袂を分かち、リアン共和国として独立を宣言します。

 

帝国派は崩壊寸前に追い込まれますが、首都を中心に秩序を回復し、カリアン定刻の名はなんとか守り抜く事に成功します。

 

それから7年の歳月が流れ、、、

 

大陸の様々な場所で激しい戦争が繰り広げられ、どの陣営も兵士不足に陥ります。

 

敏腕の傭兵たちには、依頼が殺到し、戦力の高い傭兵団は全ての大陸にその名を馳せ、富と名声を欲しいままにします。

 

そんな彼らの中の一人である、没落した家門を復興させるべく、そして父の死の真相を確かめるために身分を隠して傭兵団を率いる男が現れます。

 

皇帝殺し、太陽を隠す月、6つの星の主、口にできない名前、、、

 

その男こそ、ファビアンの息子でした。

敵の行動予測が重要な本格バトルが醍醐味!

本作は、バトル開始前にキャラクターの配置と行動順を決めるという、ユニークなシステムを採用しています。

 

この「ディレクティブ・ポジション・バトル」が導入された采配バトルRPGで、3列×6マスのフィールド上に最大9体のキャラクター配置などの設定が完了すれば、その後は完全オートで進行するのが特徴と言えます。

 

動作自体は、キャラクターをスライドさせるだけで、時間制限もないため、簡単な操作で、じっくりシミュレーションしながら作戦を練ることができるシステムになっています。

 

本作では、味方の配置、行動順以外に、敵のマスをタップする事で「攻撃対象」「攻撃範囲」「攻撃タイプ」「使用スキルの効果」という「敵情報」を細かくチェック可能なので、味方だけでなく、敵の情報も考えたうえで、戦闘準備を整えることが意味を持ってきます。

 

敵の中には、キャラクターを飛び越えて攻撃をするタイプ、最も後方に配置しているキャラクターを狙い攻撃してくるタイプなど、真正面以外の相手を攻撃する敵もいるので、守りの固い防御型のキャラクターを前衛に配置させてれば良いほど単純ではない点に要注意です。

 

ワンパターンでは通用しない頭脳を駆使した戦略が必要となる点が本作のポイントです。

 

さらに、攻撃力の高いキャラクターの行動順を早め、敵を瞬殺したり、攻撃タイプのキャラクターの行動前に支援タイプのキャラクターを行動させ、能力アップ効果などを見方に与えてバトル能力を高めたりと、キャラクターの行動順を自由に変え、バトルの流れを有利に引き寄せることも可能なのが、本作に奥深さを加えています。

 

敵からの攻撃を配置設定でどこまで軽減できるのか、敵に大きいダメージを負わせるには、キャラクターをどう配置して、行動順をどうするのか等、敵だけでなく味方の行動をも予想して作戦を立てる奥深さが本作の魅力です。

 

その他、特定のキャラクター同士をパーティ編成すると、指定されたメンバーの攻撃が成功した際に貯まる「バブル」がMAXになった際に、次に行動する指定メンバーの攻撃時に「連携攻撃」又は「支援効果」と呼ばれる特別セット効果も発揮できます。

 

「連携効果」には、「連携攻撃75%」といった合同攻撃技、「支援効果」には「攻撃力25%UP」「HP30%UP」等のステータス上昇効果もあるので、仲間キャラクターの数が増えてきたら、この2種類のセット効果も積極的に使用して戦力の増強に生かしましょう。

全てのキャラクター★6まで成長可能なシステムで育成要素満載!

キャラクターは、ストーリーバトルをクリアして経験値をゲットしたり、キャラクターカードや強化素材として使える「スライム」を消費すれば簡単にレベルアップします。

 

キャラクターレベルがMAXになれば、レアリティを上げることができる「昇級」で全てのキャラクターを★6まで成長できるほか、一定のレアリティに達すると、ステータス強化+新スキル習得に加えてルックスにも変化が起きる「覚醒」も可能になります。

 

さらに、同じキャラクターやアイテム「スキルの書」を使用してキャラクター固有の「スキル」の強化、装備アイテム「ルーン」を装着、強化してステータスを自由に設定可能です。

 

特に、「ルーン」は「攻撃力アップ」「体力アップ」「クリティカル確率アップ」「クリティカルダメージアップ」と複数の種類が存在するので、攻撃型のキャラクターにクリティカル率アップのルーンを装備させて強化なダメージを与える確率をアップさせたり、防御型のキャラクターに攻撃力アップのルーンを装備させて攻守ともにバランスの良いキャラクターに仕上げたりとプレイヤーの好きなように育成可能になっています。

 

戦略によって、ルーンを装備してキャラクターを好みに鍛えて強くしましょう。

 

育成促進機能としては、下記のシステムが実装されています。

☑クエスト等でゲットした「傭兵の欠片」を使用して新しいキャラクターを入手する「欠片合成」

☑最高レベル育成したキャラクターを素材に新しいキャラクターを合成する「傭兵合成」

☑同ランクの+9強化キャラクター2体を合成して上位ランクのキャラクターをランダムで合成する「進化合成」

☑強化を完了したルーンのオプションをランダムで変更できる「ルーンの製錬」

入手したキャラクターやアイテムを全て生かすことができるのは、キャラクター強化を重視するユーザーにとっては、ありがたい要素ではないでしょうか。

一人プレイだけでなく対人バトルまで、遊びごたえ抜群の要素の数々!

本作には、目的別に楽しめる下記の様なダンジョンが用意されており、育成に必要な素材を必要に応じて手軽に収集可能です。

☑家門復興と父の死の真相を知るために傭兵団を率いて戦う主人公のストーリを読み進める「ストーリー」

☑装備アイテム「ルーン」をゲットできる「ルーンの寺院」

☑各種覚醒素材をゲット可能な「水晶の洞窟」

☑経験値素材として使用可能な「スライム」をゲットできる「スライムの森」

 

素材収集可能なダンジョンの他、下記の対人要素も導入されています。

☑プレイヤー同士で実力を競い合う「アリーナ」

☑各ギルド間のバトルである「ギルド戦」

☑様々なアイテムとトレード可能な「神秘の粉」を採取できる場所を奪い合う「神秘の島」

この対人戦は、1人でプレイする際とは異なるルールを採用し、バトルスタイルがワンパターンにならないように考えられていますので、バトル重視のゲーマーも毎回異なる戦略を用いてエンジョイできるようになっています。

色々な手段で仲間にすることができる個性の強いキャラクター達

本作では、ガチャからキャラクターを入手する以外にも、ストーリーを進める事でキャラクターが仲間になったり、ステージをクリアして「傭兵の欠片」を利用することで、全てのキャラクターを仲間にする事が出来ます。

 

キャラクターの情報は、「傭兵図鑑」を使えば、全てのキャラクターの名前だけでなく、「攻撃」「防御」「魔法」「支援」のタイプ、最大レベル時のステータス、スキル効果、覚醒時のビジュアルなどをまとめてチェック可能です。

 

その為、お好みのキャラクターを見付けたり、獲得できたキャラクターとまだ獲得していないキャラクターとのステータス比較、図鑑を埋める以外の楽しみ方もできるようになっています。

本作のおすすめポイント

敵の情報を読み、有利なバトルスタイルを作り上げてから戦うユニークなシステム「ディレクティブ・ポジション・バトル」を搭載した本作は、味方の特徴だけでなく、敵の攻撃タイプ、スキル効果などの様々な情報を駆使して戦うことが醍醐味です。

 

そして、キャラクターをフィールドに配置して行動順を入れ替えるという操作で楽しむことができ、奥の深い戦略性を必要としつつも、誰でも気軽に楽しめる点が魅力になっています。

 

複雑に頭を使うようなバトルシステムが苦手な人でも、問題なく遊べるような親切なチュートリアルも用意されているので、戦略ゲーム初心者の方にもオススメできる戦略RPGです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です