「喧嘩道」は、現実世界の景色を背景にかっこいい不良になりきって、もう一人の自分の世界を生きることができる個性的な作品!

スマホゲーム「喧嘩道」のダウンロードは

こちらからどうぞ!

 

喧嘩道

 

物騒な名前ですが、スマホゲームのタイトルです。

 

その、インパクトのあるネーミングと、俳優の的場浩司さんのCMで気になった人は多いのでは、ないでしょうか?

 

いつの時代も一定数、不良に憧れる少年達がいます。

 

私も、本物のヤンキーには興味を示さなかったものの、学生の頃には不良漫画をよく読んでいました。

 

BE-BOP-HIGHSCHOOL、湘南純愛組、ろくでなしBLUES、特攻の拓、カメレオン、クローズ、昔から各世代ごとに人気の不良漫画があります。

 

最近では、東京卍リベンジャーズあたりが人気でしょうか?

 

きっと、いつの時代も男の子は、強いものや誰にも媚びずに生きたいように生きる、かっこ良い男に憧れるものなのかもしれません。

 

そんな、少年心のこのゲームにくすぐられたので、喧嘩道についてレビューさせて頂きます。

悪カッコ良いアバターの作成からスタート

喧嘩道は、主人公となるアバターの作成からゲームが始まります

 

服装や、髪型等を、お好みで選択。

 

選択肢はどれも、カッコ良いものが多いです。

 

そして、ゲームのタイトルを考えると当然と言えば当然ですが、眼光が鋭かったり、見るからに悪っぽい風貌のルックスが、選択肢に多く含まれています。

 

例えば、的場浩司さんのような短髪で硬派な風貌。

 

ビーバップや湘南純愛組のような、リーゼントヘアー。

 

チーマーと言われるような人たちが話題になった頃の、ロングヘアーのヤンキーなど自分がなりたい姿の漢になることが出来ます。

 

その為、不良漫画の主人公のような、悪そうだけどカッコ良い、悪カッコ良い主人公ができあがることでしょう。

5人の舎弟と東京制圧

物語は、東京制圧を目標とするところから始まります。

 

ゲームに出てくる地名は、架空の場所ではなく現実にもある地名です。

 

例えば、最初のストーリーである東京都の練馬区制圧を目標とした際には、石神井公園駅の高架下や練馬駅などがイベントの発生場所として、選択肢に表示されました。

 

そして、場所を選択してイベントの画面に進むと、現実世界の背景がほとんどそのままにゲームの画面に映し出されます

 

ほぼ現実同様の画面を見ながらゲームを進めていると、あたかも自分が不良漫画の主人公になったようでテンションが上がることでしょう。

 

アウトローな著名人、練マザファッカーのD.Oが拠点としている練馬区を物語の最初の地に選ぶあたりも粋ですね。

 

そして、街を制圧していくためにそれぞれの地域の不良たちと、喧嘩というバトルを繰り広げます。

 

喧嘩をすることで、時に仲間を増やしながら最大5人の舎弟を従えることが可能です。

 

自分も含めて、6人のチームでデッキを組んでそれぞれの地域の不良たちと、熾烈なバトルを繰り広げていきます。

格闘技の世界ともコラボした濃いキャラ達

そして、ゲームの最大の魅力が舎弟に出来るキャラたちが濃くて魅力的であることです。

 

他のゲームでも、最近は漫画やアニメであったり場合によっては他のゲームとのコラボが多く見受けられるようになりました。

 

当然、喧嘩道でも漫画とのコラボはあります。

 

例を挙げると、最近ドラマ化されて話題にもなった、今日から俺は、闇金ウシジマくん。

 

意外なところで、はじめの一歩もありました。

 

しかし、喧嘩道では架空世界の枠を超えて現実の俳優や格闘家ともコラボをしています。

 

敵キャラとして、見るからに山本KID徳郁さん風のキャラや、魔裟斗さん風のキャラも出てくるのですが、正式なコラボキャラとしてプロレスラーの蝶野正洋さん、K-1で有名や朝倉兄弟も登場してくるのです。

 

現実では到底、彼らのような格闘家に敵う人はほとんどいないと思いますが、ゲームの世界で憧れの格闘家を従えるのはとてつもない快感です。

 

また、騎士団や的場浩二さんといった俳優さんともコラボしていますので、ファンにとってはたまらないでしょう。

他のプレイヤーと対戦も共闘も

ゲームはシングルプレイだけではなく、オンラインで他のプレイヤーとバトルしたり、連合を組んで最大で10対10の闘争を行うこともできます

 

人それぞれ、様々な楽しみ方が出来るということです。

 

連合はストーリーの序盤、練馬区の制圧を完了すると機能が加わりますので、わりとすぐに連合として戦う要素も楽しむことができるでしょう。

 

積極的にコミュニケーションを取る為のチャット機能も用意されていますので、他プレイヤーとの交流も楽しむことが出来ます。

 

舎弟にしているキャラクターから、漫画や芸能人など共通の趣向を見出して仲良くなることもできるかもしれません。

 

スマホゲームにとっては、他のプレイヤーとの交流にも楽しみ方を見出しているプレイヤーも少なくありませんので、チャット機能がしっかり備わっていることはポイントが高いです。

喧嘩道をプレイしてみての感想

喧嘩道をプレイしてみて、ストーリーもさることながら舎弟集めに夢中になってしまいました。

 

確かに、現実世界の地名や背景で物語が進んで行くのは、普段できないもう一つの世界を疑似体験しているようでとても気分があがります。

 

しかし、それ以上に濃すぎるくらいのキャラクター達を舎弟にすることに夢中になるのがこのゲームの魅力です。

 

私の場合は、子供の頃から格闘技が大好きでしたので、蝶野正洋さん、朝倉兄弟、武居由紀とのコラボはテンション爆上げでした。

 

コラボガチャが出た際には、どうしても彼らを舎弟にしたくて課金にそれなりの金額を費やしましたが後悔はありません。

 

そして、もう少しゲームの中身について触れておくと、ゲームの進行には特別難しい操作やゲーム慣れのようなものは、いらなかったです。

 

コマンド選択だけですので、操作は至ってシンプルでした。

 

オートモードもありますので、コマンド選択さえも面倒な人でもゲームが出来るようになっています。

 

中にはグラフィックが古く感じるという意見もあるようですが、平成のはじめに生まれた私からしたら逆にどこか懐かしいグラフィックが好印象でした。

 

また、著名人とのコラボに関しては、かなり再現率も高いので絵的にも見栄えは悪くありません。

 

子供の頃に、悪っぽいお兄さんたちに憧れていた男性には特にオススメできるゲームです。

 

スマホゲーム「喧嘩道」のダウンロードは

こちらからどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です